「 働き方改革 」 一覧

正社員はもはやデメリットしかない!?同一賃金の抱える辛い現実!

これまで正社員には多くの優遇処置がありました。しかし、これから先は多くのデメリットをかかえることになります。また、年金などの社会保障もあまり当てにはできません。そのため特にアラフォー世代では急速に対応する手段を考えなくてはいけません。

これからの定番の働きからは副業?!その考え方とフリーランスへの道!

勤め先が1つしか無い?これはこれまでの常識でした。しかし、この先の働き方は個人でも『副業』を持つことが重要となります。なぜなら、1つの仕事では生活に必要な収入を得にくく、また安定しづらいからなんです。そして今後は『フリーランス』になる方がメリットが多くなります。

在宅ワークでは意味がない?!自宅で稼ぐコツは自分の仕事を持つこと!

自宅で仕事を行う意味の言葉に『在宅ワーク』や『クラウドソーシング』などがあります。これらの仕事は多様化する働き方として注目を集めていますが間違って伝わっており、またそのため詐欺に横行する始末。そして自宅で稼ぎ豊かな暮らしを行いたいならあまり取り入れないほうがいい業務形態となります。

安定した会社勤めは存在しない?!現代社会の現実と時代に沿った仕事とは

急速に変化を続ける現代では会社に勤めていても安心はできません。なぜなら安定した会社も経済社会も存在はしないからです。これまでの常識や概念ではこの先の時代を生き抜くことはかなり難しくなっていきます。この先の時代を生き抜くためには時代にあった仕事、暮らしを行う必要があります。

サラリーマンや営業マンも必見?個人がメディアを持てる時代の仕事術!

これからの仕事はネットを利用することが必須となります。そのためには必要となるスキルはWeb上にある2つのツールを使いこなすこと。この2つのツールを使いこなすことができれば、仕事に困ることはありません。また自宅でも稼ぎを得られるようになります。

裁量労働制や高プロを気にするより独立する方が無難?これからの働き方!

『裁量労働制』『高プロ』安倍政権によって掲げられている働き方改革の一旦。しかし、働き方が多様化する現在ではこれまでの労働システムは限界に来ています。そのため、これからのライスワークは考え方を変える必要がありそうです。

サラリーマンに直撃!東京五輪よりも早く来る駆け込み増税!と辛い現実!

2020年東京オリンピックまで後2年ほどとなりましたが、それまでの間にサラリーマンには厳しい現実が訪れようとしています。それは税金と生活コストの増加です。そのため、これまでの仕事だけではかなりきつい生活を強いられることとなります。

変わる労働力!これからの時代に企業が求める人材とは?

ネットの普及やAIの進化により、社会は急激な変化をしています。そして少子高齢化とグローバル化によって企業の人材不足は深刻な問題となっています。しかし、労働力のAI化が進む企業ではより優秀な人材を求めるため、就活は更に厳しいものになるでしょう。そして企業が求める人材とは?

『2018年問題』で見る人の自分への関心の無さ!

『2018年問題』今年は、派遣労働者にとって大きな変化を迎える年となります。しかし、問題があるのは法律や決まりごとだけではありません。それは多くの人が自分のことより他人のことが気になる事実。そして、変化する社会に対して自らは変化しない。問題はこの辺にあるように思います。

日本の給与は最低水準!平等は不平等?!

常に世界経済のトップを歩んでいた日本はもうありません。 グローバル化が進んで、経済は平均的な水準になってきました。 これまで物価の安かった国は、少なくなり、 日本の生活水準は先進国では最低となってしまいました。 そして、これからの仕事のスタイルは時間に縛られるということはなくなります。