未来予測

サラリーマンに直撃!東京五輪よりも早く来る駆け込み増税!と辛い現実!

2018/03/04

今年2018年から東京オリンピックの開催される2020年ぐらいの間に

僕達の暮らしにかかるコストが一気に上がります。

 

保険税や嗜好品にかかる税金に始まり、所得税や消費税、

運送業の運送料、外食産業では原料価格ets・・・

 

更には人件費不足による人件費の高沸により

これから僕達の暮らしにかかる

コストはますます高くなっていきます。

 

そして、この影響をちょくに受けるのがサラリーマンです。

 

つまりは会社勤めの給与所得者の生活はこれまで以上に

厳しいものとなります。

 

 

辛い現実!狙いは中間所得者層サラリーマン?

「2018年度の税制改正大綱が発表されましたが、“取りやすいところから取る”のが狙い。“サラリーマン増税”と“個人向け増税”が増税の2大柱となります」

(全国紙政治部記者)

 

政治に詳しい方の多くはこう嘆いています。

 

しかし、この中間所得層である年収500万前後の人たちは

日本人全体の3割ほどとなっており、

1番多い所得者層は年収300万円以下で全体の4割を占めています。

 

つまり、日本人全体の7割に近い人達が

この先、更に厳しい生活になる可能性があるということです。

 

しかも、この平均年収と所得割合は

ここ10年ほどほとんど変わってはいないです。

 

更に社会保険税も年々増加傾向にあるので可処分所得は減少していきます。

 

国民年金保険料が毎年月額280円ずつ、年間で3,360円

厚生年金が毎年0.177%ずつ引き上げられています。

介護保険料は3年毎の改正ですが、全開2008年字には月平均4,090円だったものが

2015年には5,514円になっているので、次の三年後といえば今年2018年となります。

 

つまりは収入が増えないのに生活するためのコストは増えている

ということになります。

 

 

更に続くコスト増はまったナシ!!

値上げは、こうした公共の税金や社会保険料だけではありません。

 

2018年の10月にはたばこ、2020年10月からはビールやといった嗜好品や

2019年10月には消費税が10%になります。

 

また、少子高齢化やグローバル化に伴って起こっている人材不足や

原油高の値上げなどにより、企業の操業コストも増加傾向にあります。

 

そのため、運送業者の運送料の値上げに始まり、

外食産業では原材料の高騰が更なる打撃を与えています。

 

これまでサラリーマンの昼食を助けてきたファミレスや牛丼チェーン、

コンビニ、ファーストフードと言った食事に掛かるコストも上がります。

 

僕の周りの社長さんや中間管理職の人たちは口々に

「たばこ辞めないと」

「もう飲みにもいけなくなるかな・・・」

「福利厚生を考え直さないと・・・」

と嘆いてらっしゃいました。

 

また、この様な声が聞こえるということは、

更に産業の経営を脅かし、

強いてはそこで勤めるサラリーマンに大きな影響を与える事となります。

 

それも遠い先の話では無いです。

この先数年と待たずに起こることです。

 

 

勤めだけでは厳しいこの先の社会。

こうしたさまざまな値上げによる影響は企業にとっても大問題です。

 

事実近年、人材不足と増えるコスト対策として

AI労働者の導入を検討している企業は多くなっています。

 

つまりは、生活に掛かるコストは増えるのに収入が減る可能性どころか

仕事そのものが無くなる可能性だって否定できない現実が待っています。

 

しかし、この問題の解決するために転職やバイトを行うことは

あまりよい対策にはなりません。

 

何故なら、他の企業も抱えている問題や状況は変わらないからです。

 

得意なことや資格スキルがあり、引き抜きや好きな仕事ならいいのですが

給与を増やそうと考えてのことならちょっと注意が必要です。

 

それに無理に慣れない仕事への転職をしてしまうと、

これまでのキャリアをムダにしてしまう可能性もあります。

 

また、バイトなどを行うと平均時給が下がるばかりか、

加労働となってしまうので、

健康被害やその他のコスト増加というリスクを負ってしまうこととなります。

 

なので、おすすめすることはできません。

 

 

打開策は時代にあった稼ぎ方を知ること。

僕達の生活にコストは今後しばらくは増加が続くでしょう。

そして、これから勤めという仕事だけで生活を行うことは

どんどん苦しくなっていきます。

 

税金の増加、生活費の増加、給与の減少

そして、限りが出てるく勤め仕事・・・・

 

しかし、幸いにも現代はネット社会です。

ネットに繋がったパソコン1台アレば、自宅でも稼ぐことができます。

 

実はネットは誰でも無料で利用できるAIとも言えます。

ネットで検索エンジンというものがあります。

検索エンジンとは、言い換えると

利用者のアルゴリズムを解析し、結果を導き出す

レベル3のAI、人工知能でもあります。

 

このネットを使って行うのがネットビジネスです。

しかも、勤めと比べて遥かに質の高い収入を得ることができます。

 

また、これは他の企業でも一緒なのですが、

これから先ビジネスではネットを利用しないと成立しない社会となっています。

 

なのでこの先、会社勤めを望む方にとっても

ネットを理解することはとても重要になっています。

 

おおよその期限となる東京オリンピックまであと2年!

早急にネット社会を学び、自分の手で稼ぎを生み出せるようになりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他の方法でシュアする!

-未来予測
-, ,