これからの働き方

在宅ワークでは意味がない?!自宅で稼ぐコツは自分の仕事を持つこと!

『在宅ワーク』や『アウトソーシング』とは、
自宅で行う仕事の業務形態の1つで
小さなお子さんや介護の必要がある家族がいる人など
家庭の事情がある人や身体的な事情で外で働けない人に
取っては時間の自由が効く働き方の1つです。

また、最近では専業主婦のバイトや
サラリーマンの副業のとしても注目を浴びています。

そして、働き方が多様化により今後も増える傾向にあります。

しかし、これらの形態の仕事には語弊があり、
またそのため、ごまかしや詐欺も多く問題となっています。

これらの仕事は自宅で稼ぎを得たい人に取っての1つの手段でもありますが
自由で豊かな暮らしをしたいなら、仕事の全てをこれらに頼っていてはいけません。

なぜなら、それらの仕事で大きな稼ぎを上げることは難しく、
また自由にはならないからなんです。

 

 

在宅ワークの誤解?!とアウトソーシングとの違い!

『在宅ワーク』も『アウトソーシング』も基本的には自宅でも仕事を行えるということで
注目されている仕事の業務形態の1つなのですが両社の意味はずいぶんと異なるものです。

まず『在宅ワーク(テレワーク)』とは本来、
企業に属している人が仕事を自宅に持ち帰って行うことを指すことで

つまりは勤めの仕事の延長上にある業務形態となります。
またそのため、『在宅ワーク』には雇用関係があり、給与などの保障があります。

対して
『アウトソーシング』とは仕事を外部の人やサービスに任せる事を指すことで
企業と企業、もしくは企業と個人事業主の間で交わされる委託業務となります

またこれには人以外にもサービスそのものや商品も含まれています。

例えば、ライターに対して何記事といった発注ではなく、
テーマの決まったサイトをすべてのコンテンツを発注と言った具合に!
そのため、
『アウトソーシング』で必要となるスキルや技術は
企業に勤める人と同等、もしくは高くないと
仕事として成り立つ可能性は低いです

そのため、一度企業でライターやデザイナー、プログラマーといった職務を経験し
『フリーランス』として独立した人たちの活躍の場となっています。

近年では、より多くの人材や働き手を確保するために
ネットを使って不特定多数の人に仕事を任せる

『クラウドソーシング』というものもあります。

クラウド上、つまりネット上で請け負う仕事の事を指し、
こちらが一般の人でも行える仕事内容も多くなっています。

以上の内容をまとめると
『在宅ワーク』は企業に属している人の業務形態の1つで
『アウトソーシング』は委託業務となり、
そのため企業と同等以上のスキルや技術が必要となる
そして一般的に個人が在宅(自宅)で稼げる手段としては
『クラウドソーシング』となります。

内容的にはこの様な違いがあるのですが、
『クラウドソーシング』の一部の業者によって

「自宅でもできる仕事」という意味を強調するために
説明の必要な『アウトソーシング』という言葉ではなく、
文字だけでそれが伝わる『在宅ワーク』という言葉を利用したために
誤解が生じ、多くの人が勘違いをすることとなっているようです。

そして『在宅ワーク』や『アウトソーシング』が
誰でも簡単に行える仕事として定着し注目されることとなります。

しかし、同時に「簡単に儲かる仕事」との広告などによる
詐欺も増えてしまいました。

 

『在宅ワーク』を悪用する業者に注意!

『在宅ワーク』という言葉が注目されたことで詐欺も増えてしまいました。

「自宅で高収入」や「自宅で簡単に儲かる」との謳い文句で
募集を行い仕事で必要だと高額な商品を売りつけられたり、
仕事をやらされるのに報酬がちゃんと支払われなかったりといったことが多いです。

こうした業者は別名「内職商法」とも言われています。

また、一部の業者には悪徳でなくても
単価的には正規のアウトソーシングより安い場合があったり、
納期があるため、殆どが勤めより過酷な仕事内容となっています。

なので、仕事を行う場合には、
募集を掛けている企業の連絡先や会社の所在地などを把握し、
社会的に本当に存在しているのか?を見極めることが必要です。

ちなみに僕がおすすめできる「クラウドソーシング」の
業務委託マッチングサービスを行っている企業は
クラウドワークス」と「ランサーズ」と「ジョブハブ」です。
これらの企業は有名企業との連携も強く、仕事も豊富です。

また、委託を請け負う企業との間にマッチング業者が入ることで
請け負った仕事の報酬の保障があったり、
トラブル時に動いて貰えるので安心して仕事に取り組めます。

なので、もし『クラウドソーシング』などの仕事を考えている方は
これらのマッチングサービスのご利用をおすすめします。

 

アウトソーシングで自由な暮らしは不可能?!

自宅でてっとり速く稼ぎを得たい、
または勉強をしたいと思っている方に取っては
『クラウドソーシング』などの『アウトソーシング』は
大変便利でためになるサービスです。

しかし、
『アウトソーシング』では『単価』と『時間』に縛られてしまうため
大きな金額を稼ぐことや自由な時間といったものを手に入れることは
不可能に近いです

例えば、誰でも参加できる『クラウドソーシング』の仕事は
納期には余裕があり、1週間から1ヶ月程度となっており、
そして、特殊なケースや契約を除いて基本ノルマはありません。

そのため、受けた仕事をいつ行うか?、
そしてどれくらいの時間をかけるのか?
は仕事を行う人の自由です。

しかし、あまり時間をかけてしまうと時給は勤めより少なくなってしまいまし、
あまり多くの仕事を受けてしまうと納期に追われることとなってしまいます。

仮に1単価5,000円の仕事を受けたとして
これに5時間で終わらせたとすると時給は1,000円です。
しかし、8時間かけてしまった場合は時給は625円となってしまいます。

また、仕事にノルマがあるわけではありませんが期限はあります。
なので、あまり多くの仕事を受けてしまうと
納期に追われることとなり自由な時間を失ってしまうことになります。

つまり、これらの仕事を受けてしまうと
『単価』を上げるために『時間』に追われるか?
稼ぎを上げるために『時間』を失うか?

という結果になってしまいます。
つまりは歩合制の営業マンと一緒で
保障のない成果報酬の仕事を請け負っているだけに過ぎません。

『アウトソーシング』も所詮は人(他人や企業)の仕事であり、
外注スタッフ、正式雇用してない従業員に過ぎません。

これでは『フリーランス』とは言えますが
いつまで経っても自由を手にすることはできません。
自由で豊かな暮らしを行うためには『自分発信の仕事』が必要となります。

 

自由で豊かな暮らしを行うためのコツ!
『自宅で稼ぐ』の本当の意味!

『在宅』や『アウトソーシング』とは自宅で他の人(企業)の仕事を行うことです。

つまりは勤めと変わらず、企業や他から与えてもらう仕事を
タダ自宅で行っているだけに過ぎません。
そのため、自由度は少なく、勤めと変わらない、
場合によっては勤めより過酷な仕事をしなくてはいけなくなってしまいます。

確かに『クラウドソーシング』などの『アウトソーシング』の仕事は
『フリーランス』や『起業』し始めの方には勉強や経験になる大変便利なサービスです。

しかし、これらの仕事には『単価』と『時間』による制限があります。

つまり、これらを仕事を基盤にするということは
結局は企業に属しているのと変わりないということになります。

対して『自宅で稼ぐ』とは『自宅で自分発信の仕事を行う』が基本です。

例えば、デザイナーは与えられた仕事(デザイン)でなく、
自分の作品を描くほうが断然いいです。

ライターもその記事を自分のサイトにアップすることで
一生稼ぐための資産となります。

そして、『自分発信の仕事』とは『ビジネス』です。
なので必要なのは『アウトソーシング』を行うことではなく、
『アウトソーシング』に仕事を発注することです。

これを間違ってしまうと、いつまでも自由にはなれませんし、
豊か暮らしを手に入れることはできません。

 

自分のビジネスを確立して自由で豊かな暮らしを!

『自宅で稼ぐ』とは『ビジネス』です。
つまりは他の人や企業の仕事を行うことではなく、
仕事を作り出し、その仕事をネット(AI)や他の人に与えることです。

いつまでも他から与えられる仕事をしていては、
自由になれないどころか苦しい生活を強いられる事になります。

現代は個人でもビジネスを確立できる時代です。
ぜひ自分の仕事、ビジネスを確立し、
自宅で稼いで自由で豊かな暮らしを行いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他の方法でシュアする!

加藤次世代セミナー

-これからの働き方
-,