「これからの働き方」 一覧

海外では会社勤めもフリーランスと変わらない!?これから働き方の常識!

これまで日本企業での働き方の多くは会社滞在時間による『時給』という給与体制が取られてきました。しかし、『働き方改革』によってこの働き方では暮らしを維持することは難しくなります。特にグローバル化とAIの進出によって急速に変動するデジタル社会ではこの働き方は通用しなくなります。

これからの定番の働きからは副業?!その考え方とフリーランスへの道!

勤め先が1つしか無い?これはこれまでの常識でした。しかし、この先の働き方は個人でも『副業』を持つことが重要となります。なぜなら、1つの仕事では生活に必要な収入を得にくく、また安定しづらいからなんです。そして今後は『フリーランス』になる方がメリットが多くなります。

在宅ワークでは意味がない?!自宅で稼ぐコツは自分の仕事を持つこと!

自宅で仕事を行う意味の言葉に『在宅ワーク』や『クラウドソーシング』などがあります。これらの仕事は多様化する働き方として注目を集めていますが間違って伝わっており、またそのため詐欺に横行する始末。そして自宅で稼ぎ豊かな暮らしを行いたいならあまり取り入れないほうがいい業務形態となります。

裁量労働制や高プロを気にするより独立する方が無難?これからの働き方!

『裁量労働制』『高プロ』安倍政権によって掲げられている働き方改革の一旦。しかし、働き方が多様化する現在ではこれまでの労働システムは限界に来ています。そのため、これからのライスワークは考え方を変える必要がありそうです。

変わる労働力!これからの時代に企業が求める人材とは?

ネットの普及やAIの進化により、社会は急激な変化をしています。そして少子高齢化とグローバル化によって企業の人材不足は深刻な問題となっています。しかし、労働力のAI化が進む企業ではより優秀な人材を求めるため、就活は更に厳しいものになるでしょう。そして企業が求める人材とは?

日本の給与は最低水準!平等は不平等?!

常に世界経済のトップを歩んでいた日本はもうありません。 グローバル化が進んで、経済は平均的な水準になってきました。 これまで物価の安かった国は、少なくなり、 日本の生活水準は先進国では最低となってしまいました。 そして、これからの仕事のスタイルは時間に縛られるということはなくなります。

老後の生活、リタイヤの考え方!

日本は、お金持ちだと言われる国です。そして、リタイヤ後、年金が貰える少ない国でもあります。しかし、リタイヤ後の現状は必ずしも幸せとは限らないみたいです。お金を貯めていても、老後に必要なお金の額は、時代とともに変化します。ネット資産形成でセミリタイヤして、今から自由な暮らしを得ることが老後の安心に繋がる理由。

興味無い、知らないでは済まされないパソコンのこと!

現代はネット社会です。でも、ある一部の人たちは、ネットをゲームだと思っている現実があります。パソコンがない会社はありえないし、パソコンが無ければ経営も困難になるということを理解したほうがいいです。そしてパソコンが使えなければ仕事を失う可能性があるということを

14歳の起業家に学ぶ、これからの仕事に必要なこと!

AIの進化で我々が携わる、携われる仕事は変化しています。それも旧加速度的に!これからはネットを活用したビジネスを持つことと、副業などの2つ以上の仕事を持つことが重要となっています。イギリスの14歳の少年が起こした事業を参考にこの2つの重要性の話をしたいと思います。

ある意味、定年はない、過酷な老後に備えるには?

1970年台、まだ大きな企業の定年は55歳でした。その後、現在では一様60歳で定年で、働きたい人は65歳までの雇用を認めましょうということになってはいますが、これってどうなんでしょう?あなたは65歳すぎて、70歳以上の現役で働き続けられる自信はありますか?