新常識

キャッシュレスがこれからの常識!得をするデジタル通貨の使い方!

コンビニや鉄道といった現代人の生活に
なくては行けない施設において、
電子マネーによる決算が当たり前のものとして浸透してきました。

特に鉄道系の電子マネーは働く日本人にとって
最も利用頻度が高く、そして便利な電子マネーと言えます。

また、新しい決算の方法として『QRコード決算』が登場しました。

このように現代社会はキャッシュレス化が進んでいます。

しかし、電子マネーやクレジットカードを
まだまだうまく使いこなせていないようです。

これはすごくもったいないことです。

電子マネーとクレジットカードは
使いこなせれば現金より多くのメリットがあります。

また、あと数年も待たずに”現金”では不自由を感じることになります

なぜなら、デジタル化社会とは無人化の進む社会だからです。

「2025年までにキャシュレス比率を40%に上げ、さらに80%を目指す」

これは政府が掲げている目標ですが
人手不足やAIの社会進出によって無人化が進むことは明白です。

なので、そろそろデジタル通貨を使いこなし、
キャッシュレスになれた方がいいでしょう。

また、デジタル化する社会では
クレジットカードの利便性や重要度も高まっています。

 

 

中国では最もポピュラー?『QRコード決算』

新たなキャッシュレス方法、デジタル決算に
『QRコード』による決算が登場しました。

『QRコード』による決算とはスマードフォンによって
“QRコード”を読み取ることによって決算を行うものです。

電子マネーはチャージをして利用する”プリベイト式”が基本ですが
『QRコード』決算では登録したクレジットカード
もしくは銀行口座によるポストペイ式(後払い)が可能です。

そのため、チャージの手間が省け、決算は更に楽になります。

日本で提供されている主な『QRコード』決算サービスには
【OrigamiPay】【LINEPay】【楽天Pay】
【PayPay(Yahoo)】などのサービスがあります。
また、来年2月にはゆうちょ銀行が
【ゆうちょPay】を提供予定となっています。
(※LINEPayなど一部のサービスではチャージ式となります。)

『QRコード』決算は中国で最もポピュラーな決算方法で
屋台やタクシーなど、ほとんどがスマホで決算できるインフラが整っており、
そのため、小銭程度しか現金を持ち歩く人はいないそうです。
また、ATMも少なくなって来ているそうです。

 

 

キャッシュレスがすでに基本?お隣の国のデジタル通貨事情!

中国で提供されている『QRコード』決算サービスには
【アリペイ】と【WeChatPay】というサービスがあります。

【アリペイ】は中国版のAmazonと言われる
ネットショップサービス・タオバオが提供している決算サービスで
アカウントにチャージして利用する決算方式となっております。

【WeChatPay】の方は中国版のLINEのようなSNSのチャットアプリである
WeChatが提供している決算サービスでこちらは
登録してある銀行口座から直接引き落としによって決算を行います。
また、『WeChatPay』では利用者間で送金も行えるそうです。

ちなみにお隣の韓国では韓国スマートカードが提供してしる
【Tマネー】と言われる鉄道系のカード(日本のsuicaのようなもの)がありあります。
こちらは出資しし、インフラを整えたのがソウル市なだけあって
電車にバス、タクシーといった交通手段からコンビニなどと
ソウル市の殆どの施設やお店で利用できるようになっています。

そのため、ソウル市の人たちも現金より、
この【Tマネー】を利用する人の方が多いそうです。

このように中国や韓国では電子マネーが決算の主流になっており、
屋台などでもデジタル決算が行えるそうです。
逆にデジタル決算が行えないと営業しづらいとも言われています。

日本は現金がまだまだ主流の通貨となっていますが
今後更にグローバル化が進めば、
いち早くデジタル決算を取り入れたものが勝ちと言えます。

個人店舗などでは予算的に厳しいということもあるのでしょうが
PayPalやSquareなどの決算システムを利用すれば
比較的低コストでクレジトットカード決算は行えます。
(※実は僕もたまに個人に広告などの商品を納品しているので
PayPalのカードリーダーと決算システムは利用しています。
また、PayPalはサイトに決算システムを簡単に取り入れることができるので
個人が利用できる最も簡単な決算システムとしておすすめです。)

また、政府がクレジットカード会社や企業にた対して
キャッシュレス化に伴う補助金などの話も出ているので期待したいですね。

 

 

電子マネーでポイントもゲット!キャッシュレス化のメリット!

電子マネーとは『Edy(楽天)』や『suica』、『nanaco』などの
先払い(チャージ)によるデジタル通貨として登場し、
鉄道やコンビニ、自動販売機などで利用できます。

まず、現金と違って、小銭の煩わしさがなく、
スピーディーで楽に決算が行なえます。

僕は障碍者になり、指先が器用に動かせなくなったことで
この利点を改めて実感しました。

なぜなら、財布のチャックを開けなくていいから(笑)。

結構、チャックって指先の動きが大事なんですよ。
まともに動いているときは特に意識することはなかったのですが
障碍者となった今、この便利さ、楽さに気づいてしまうと
もう後戻り(現金)はできないですね。

また、電子マネーは決算時(買い物など)に提携施設において
サービスポイントが付きます。

サービスポイントは基本1ポイント=1円となっています。

この『1ポイント=1円』を甘くみてはいけません。

例えば、コンビニなどでは200円の利用で
1ポイントのポイントを得られるとします。

200円で1円が戻ってくるということは0.5%が戻って来るということ!!
そして、今の銀行金利は0.02%ほどとなっています。

つまりは銀行金利より割がいいと言うことです。

また、チャージするときにもポイントが付きます。
チャージの際にクレジットカードによる決算を選ぶと
そこでもポイントが付きます。

つまりは電子マネーとクレジットカードを併用すると
倍のキャッシュバックを得られるということです。

「一円を笑うものは一円に泣く」という言葉があります。
(※本来は一銭を笑うものは一銭に泣くの現代版)
これは電子マネーの最大のメリットといっても過言ではありませんよ!

 

 

財布が不要になる?スマホでお金もクーポンも管理!!

電子マネーはカードだけでなく、
スマートフォンのアプリでも利用が可能です。

また、おサイフケータイなどの一部のアプリでは電子マネーと合わせて、
ポイントサービスやクーポンなどのサービスを一緒に利用することも可能です。

財布の中で一番かさばるのがカード類と小銭です。
そして、スマートフォンは財布と並んで現代人が必ず携帯する持ち物です。

スマートフォンでこれらのアプリを利用すれば、
カードや小銭でかさばる財布を持ち歩く必要がなくなります。

 

デジタル時代の信用取引にはクレジットカードが必須!

キャッシュレス化において、
電子マネーより重要となるデジタル通貨があります。

それが”クレジットカード”です。

なぜ、クレジットカードが重要になるかというと、
クレジットカードは利用者の経済力を証明するもの
だからなんです。

実店舗からWeb上でのサービスに代わり、
”(直接)現金を引き換えにする”、”契約書に押印する”
といったような取引を行うことができません。

つまり、Web上の取引では信用を得ることが難しいです。

なんで、ネットショッピングなどの買い物は
銀行振込による先払いか?
クレジットカードでの決算が基本となっています。

特に通信サービスや保険といった毎月決まった支払いが発生する決算では
クレジットカードによる支払い方法が基本条件ともなっています。
(※通信大手3者と一部業者は口座引落が可能)

そのため、この先クレジットカードを持っていないと
生活に関わるサービスを受けられないということになりかねません。

 

 

日常の生活費にこそクレジットカードを!

クレジットカードの所有率は増えては来ましたが
利用するのは大きな買い物だけと言う方が多く、
日常使いこなしている方はそこまで多くはありません。

これは非常にもったいないです。

クレジットカードはなにもローンを組むためのカードではありません。
そして、生活費や日常の買い物にこそ便利で現金より多くの利点があります

クレジットカードは立て替え払いが基本の利用方法となっており、
月の支払いをまとめて翌月(翌々月)に一括精算することができます。

近年、賃貸の家賃や水道光熱費の支払いも口座引落から
クレジットカードでも決算できるようになりました。

そのため、これらの生活費をまとめて支払うことで
ポイントバックや割引といった特典も大きくなります。

また、電子マネーのチャージもクレジットカードで行うことで
多くのポイントバックを得ることができるので
現金でチャージするよりもお得です。

更にクレジットカード決算によって直接割引などのサービスが受けられたり
車を持っている人はガソリン代などをクレジットカードで支払うと
翌月のガソリン代が割引になるサービスがあるカードなどもあります。

このようにクレジットカードには
現金や電子マネーと比べて多くのメリットがあります。

クレジットカードをまだ持っていないという方は
こちらの記事を読んでそろそろ考え方を変えましょう。

お金の本質を学ぶと見えてくる?『クレジットカード』の重要性!

 

 

デジタル通貨で便利でオトクな暮らしを!

  • クレジットカードで生活にかかる経費は一括精算
  • お小遣いなどの手持ちのお金には電子マネーを利用する

これがデジタル通貨のおすすめな使い方です。

クレジットカードで家賃や水光熱費、保険代などの必要経費や
Webでの買い物はすべて一枚のクレジットカードで決算し、
月に決まっているお小遣いは電子マネーにチャージしてしまいましょう。

スマートフォンを活用することで財布も軽くなり便利ですよ!
それにキャッシュレスに一度なれてしまうと現金にはもう戻れなくなりますよ!

また、来年より消費税は10%ととなりますがキャッシュレス化を促進するために
キャッシュレス決済では増税分である2%がポイント還元されるみたいなので
その前に使い慣れているほうが無難でしょう。

なのでそろそろ電子マネーやクレジットカードを活用しましょう。
そして、デジタル化する社会を快適に!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

他の方法でシュアする!

-新常識
-,