新常識

スマホやパソコンにAIは常識に!シンギュラリティで変わる暮らしの質!

サムソン(SAMSON)は2020年までにスマホ全機種に
AIアシスタント機能を搭載することを発表!

 

最近もハーウェイ(Huawei)の最新スマホ『MATE 10 PRO』に
AIが搭載されることとなり、注目されていましたが
スマホなどのガジェットから家電といったものまで後数年ほどで
AI搭載が当たりまえの時代となります。

 

AIがスマホに搭載されることで
秘書として、そして執事として仕事や生活をサポートします。
調べ物はおろか、タスク管理、スケジュール管理、
趣味に買い物、旅に必要な予約やチケットの手配など、

暮らしのすべてがますます快適になります。

また自分の趣味嗜好に合わせてAIが
勝手に情報を集めてくれるようにもなります。
これによって、世界が広がるでしょう。

 

また、こうしたAIはPCにも搭載されるようです。

 

Amazonのアレクサ(Alexa)を搭載したパソコンが登場!

AmazonはWindowsを提供するマイクロソフト社と提携して、
Windows内にAmazon Echoの機能を追加すること発表しています。

つまり、今後はWindowsパソコンはAI搭載が常識となります。

 

また、富士通は全パソコンに独自AIを搭載するみたいですし、
有名なウイルス対策ソフト『ウイルスバスター クラウド』ではAIを使って、
危険なサイトや悪意ある侵入(ハッキング)を検知する機能を追加するなど
ネット社会はAI化が進んでいます。

 

 

これによって、暮らしは大きく変貌するでしょう。

新築の家やマンションにはiOT家電が常識となりつつありますし、
その制御をスマホやパソコンのAIがすることになります。

 

そのため、家事やセキュリティは、家もしくはスマホなどの
機器が行う事になるのでこれまでの煩わしさや負担がかなり減ります。

 

ちょっと前まで、映画の世界でしかみることの無かったものが
今や現実になろうとしているわけです。

すごく楽しみですね!

 

快適な暮らしのために『シンギュラリティ』を理解する!

また、その暮らしを快適に行うためには
シンギュラリティを理解し、活用することです。

 

シンギュラリティとは技術的特異点のことです。

技術的特異点とはAIによって技術がもつ問題解決能力が高度化し、
人類(ヒューマン)に変わって、AIやポスト・ヒューマンが
文明を牽引するようになること。

 

つまりは、これから先は人類が社会を構築するのではなく、
AIによって構成された社会で人類は暮らすようになります。

そうなると、僕たちが選択をすることは次のいずれかになります。
仕事はAIに任せて遊んで暮らすか?

AIと張り合って、仕事を続けるか?

 

シンギュラリティを理解しなければ、当然AIと張り合うことになるでしょう。
そうなると結構キツイです。

なぜなら労働力でAIに勝つことは難しいからです。

 

しかし、理解しAIを使いこなすことができれば、
かなり楽に、もしくは遊んで暮らせる未来が待っています。

 

 

シンギュラリティは現代っ子に学ぶ方が早い!!

こうした社会の変化が近年急速に進んでいます。

 

しかし、急速に変化しているにもかかわらず、
今だ中高年以上の多くがあまり興味を示さないようです。

僕も団塊ジュニア世代ですが同級生や周りに
これらの事に関心を持っている方はまだまだ少ないです。

せめて、パソコンを日常使用し、
情報の収集やシンギュラリティを理解するために活用してください。

パソコンを会社の仕事に使うだけではもったいないです。
また、ゲームやエンターテイメントを行うためのモノでもありません。

逆に楽しんでいる人がいる、利用している人がいるということは
ビジネスチャンスが転がっているということでもあります。

そして、スマホパソコンばかりいじっている人に
『最近の若いやつは』と嘆くのは辞めましょう。

 

正直、スマホやその他の利用、活用に関して、
彼ら現代っ子のほうが理解し使いこなしているのは事実です。

なので、是非理解し、彼らと同じ話ができるようになりましょう。

そうすることで、コミュニケーションもうまくいきますし、
ビジネスや仕事がやりやすくなります。

今何が流行っているのか?
どういったことが必要になるのか?

次の世代の人たちが何を望み、何を必要としているかを知ることは
シンギュラリティや近未来の暮らしを知る上でかなり重要なこととなります。

 

是非、考え方を変えて、これら時代にそった生き方を選択しましょう。
シンギュラリティを理解することで快適で楽な暮らしが待っていますよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

加藤次世代セミナー

-新常識
-, ,