もうよせば、1つの仕事にしがみつくの?!

2016/11/14

これまでの常識として、会社に入社したら、

定年まで務めることが常識とされ、

ライフスタイルやその身に合わない仕事を続けている人が

多いだろうし、それを行おうとしない人は

批判を浴びたりすることだろう。

 

 

しかし考えてほしい、今時代は10年いや

2~3年で、ものすごく変貌していることを!

 

 

 

それなのに、1つの会社、1つの仕事に

こだわり続けるのはいかがなものだろうか?

 

 

その仕事が自分に向いていて、

ライフスタイルにもあっていて

給料にも満足している方は別として、

それ意外の方は、

その仕事にこだわり続ける必要があるのか?

ここで少し考えてほしい!

 

 

 

 

なぜなら、その仕事を続けても

あなたの人生は好転はしない。

 

 

 

日本の雇用形態の崩壊は始まっている。

1ynt16lg

そもそも、今の雇用形態はすでに崩壊しつつある。

 

あなたはご存知だろうか?

最近多い、長時間労働やサービス残業などの

違法労働を敷いている会社は、規制の対象となり、

実質的に会社の運営が滞るような状態に陥っていることを?

 

 

 

なぜなら、いわいるブラックと言われる企業は

業績がギリギリで、その穴埋めのために

残業などの長時間労働を余儀なくされているが、

それをおこなっても、ワタミや通電のように問題が起きれば

労働が規制されてしまう。

元々、それなくては回らない企業は

この規制の強化が進めば、事実上、経営が困難となるので

あなたが身を焦がして、働いてもやがてその会社は

破綻するしか仕方なくなる現実がまっている。

 

 

『法令を守っていたら、会社は潰れる』

聞いたことはないだろうか?

 

そう、あなたがサービス残業をしているのなら

そういう業務をしなければ、

その会社は潰れるということだ。

 

 

実は会社だけでなく政府もこのことを知っている。

多くの企業でサービス残業や長時間労働による問題が

上がっているのも関わらず、法律による規制が進まないのは

政府、国もこの事実を知っているからだ。

 

そして、企業が潰れると、税収が無くなるばかりでなく、

その企業が抱えている負債も国が被ることになるから

企業に対して、強く出れない現状がある。

 

 

これには、他の国民や労働者を守る意味もあるのだが、

近年では国民や労働者、労働組合などによって、

ブラック企業の撲滅が掲げられているので、

規制が強くなるのにそう時間はかからないだろう。

 

つまりは、現在サービス残業や長時間による労働環境で

働いている方は、過酷な労働条件はなくなるのだが、

そのことで会社は破綻し、しいては職を失う可能性があるということだ。

 

これでも努めが安定しているといえるだろうか?

 

そして、その仕事にしがみつくことを考えるだろうか?

 

 

 

これからは複数キャリアが当たり前に!

entrepreneur-1562824_640

1つの会社に、この先のあなたの人生、

ライフスタイルを委ねるのはすごく危険な時代です。

 

多くの経済ジャーナリストやコンサルタントも

副業や異業種のキャリア形成を進めています。

 

 

今までの時代は1つの分野の勉強をして、

同じ業種で何も考えずにそのキャリアを

全うすることができたかもしれません。

 

ですが、急加速的に進んでいる現代では、

同じ勉強方法やキャリア形成では

時代に追いつけないのが現状です。

 

 

今更、他の業種の勉強や

キャリアの変更はしんどいかも知れません。

 

特に40代、50代と言った年齢からでは

考えるのも煩わしいかも知れません。

 

ですが、時代に合った、働き方や生き方を

しなくてはいけません。

 

 

それに今の時代、個のニーズが必要とされているので

会社や企業に頼らなくても稼ぐ事は出来るのだから!

 

-新常識
-,