これからの仕事とは?変わる雇用概念!

 

知っていますか?

 

ここ数年『ブラック求人』なる言葉があるの!

 

厚生労働省によると、ハローワークに出されている求人内容が

働きだしてみると労働条件が異なっていたと相談や苦情が

去年2015年度において1万937件にも登ったという。

 

 

 

それらの事情を元に法改正の議論が持ち上がっているみたいです。

そこで日本労働組合総連合会が『ブラック求人』に関する体験談などの

"つぶやき"を募集しているみたいです。

 

あと、1週間ほどですがtwitterをお持ちの方は

「#ブラック求人あるある」をつけて投稿してみてくださいね。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s

 

そもそもなんでブラック企業やブラック求人などが

多くなったのでしょうか?

 

過去記事『横行する求人詐欺!?求人情報の実態!!』

→ http://sarry.link/archives/80

でも書きましたがやはり大きな問題となっているみたいですね。

 

 

今、ブラック企業と呼ばれている企業だって

はじめはこんなつもりではなかったはずですよね。

 

 

 

高度成長期が終わり、

バブルが弾け、

世の中の景気が悪くなったから?

 

 

 

ん、やっぱり企業の言い訳ですかね?

 

 

私が思うに多分ですけど、

時代が変わっただけだと思うんですけどね・・・

 

 

だってそうだと思いません。

 

優良企業と言われるていて、

業績の伸び続けている企業もありますよね!

 

 

これらの企業は時代をちゃんと読んで

時代にあった経営をしているだけだと思うんですよ!

 

 

 

 

そしてこれから数十年、

いや数年でまた時代は大きく変わろうとしています。

 

 

 

会社には少人数の人間しか要らなくなる。

hand-1571852_640

なぜなら、現在の仕事の多く、

作業といったものなんかはロボット(AI)に取って代わられるので

人手はほとんど必要としなく時代になります。

 

昔はモノを買う時、お店のおばちゃんがレジを打っていました。

今はどうでしょう?

レジがセルフになっていますよね?

つまり、お店はレジ員さんを雇う必要が無くなるし、

今は殆どのものはネットで買えるので店舗も

いらなくなるでしょ!?

 

モノを打っている会社は商品を置く倉庫と配送の手配が

できれば流通を起こすことができます。

 

配送自体も自動運転の車ができれば

運転手は必要なくなりますよね?

 

実際にクロネコヤマトでお馴染みのヤマトは

DeNAと共同で"ロボネコヤマト"なる

次世代物流サービスを計画しています。

 

これは自動運転技術を使った物流の試験モデルで

さらに"ロボットタクシー"も検討しているといいます。

しかも来年2017年3月には実用実験をするみたいです。

 

 

このように多くの作業は"ロボット(AI)"に変わる

時代がそこまで来ています。

 

 

変わる流通とこれからの仕事とは?

binary-1536651_640

では、この先私たち人は何を仕事にすれば良いのでしょうか?

 

戦後、高度成長期が始まると、

日本には"モノ"を生み出す力が必要でした。

 

なので土建業者や工場などが普及しましたね。

 

ちょっと前の時代、そうバブルと言われていた時代は

不動産や金融といった"お金"が力を持っている時代でした。

 

そして現代はIT革命の真っ只中、

情報化社会ですね!

 

いわいる"情報"が力を持っています。

 

これからはこの情報を制したものが成功者となるわけです。

 

 

会社より個が求めらられる時代

 

personal-260581_1920

現代では、何か仕事をする時にネットを使って情報収集したり

または発信したりしますよね。

 

当然その情報を発信した側の企業は儲かるわけですけど、

発信された情報を利用する企業の方も得た情報で仕事をしますよね!

 

つまりは、アイデアを生み出した企業か

そのアイデアを拡散した企業が儲かる時代だということです。

 

 

そして、この情報の発信と拡散は"個人"でもできると思いませんか?

 

 

SNSやグログで稼いでる人ってこういう人なんです。

 

 

 

これがこれからの仕事の形!?

gf01a201503190600

最近、流行っている動画

『PPAP』って知っていますか?

「ペンアップルパイナポーペン」と言うですが!?

 

そう、YouTubeと呼ばれている動画配信サービスで

人気の動画なんですが。

 

 

このYouTubeを作った企業は広告費で儲かります、

そして、このYouTubeを使ってバイラル、流行を起こした人

この場合は、この「ペンアップルパイナポーペン」を作った人も

稼ぐことができるんです。

 

こういったことで、すでに多くの人が稼ぎを得ています。

 

ホリエモンと言う愛称で人気の堀江貴文氏は

ビジネスや物、本などの最新の情報を発信して

稼ぎを得ています。

 

自称"百獣の王" 武井壮さんは自分は面白いヤツだと言う

情報を自ら発信して仕事を得ています。

 

そして、私もネットでアフェリエイト(広告の代理業)、

つまりは「売っているモノの情報」を拡散して稼ぎを得ています。

 

 

そう、これからの仕事は会社ではなく個人発信で作られていくんだと思います。

 

 

 

そして求人方法も変わる。

6d561157a93b73929e0b2a9ee71f8da2_s

これから個人が情報やモノを発信することが仕事になるわけですが

これは個人が作ったアイデアやモノが重要しされるということです。

 

 

なので、企業側がそのアイデアを使いたい、

その商品をウチで扱いたいとなると

発案者である個人に交渉を始めるわけです。

 

 

つまり、これからの求人は、

企業に「働かせてください」と言うのではなく

企業が個人に対して、そのアイデア、モノを「使わせてください」

という時代が来るということです。

 

 

なので、企業側はいい人材やアイデアを持つ人を

手にするためには、

 

"それ相応の対価を支払わなければならなくなる"

 

ということですよ!

 

これができない企業、理解できない企業は

この先ちょっと生き残れないかもしれませんね・・・

 

-これからの働き方, 未来予測
-, ,